溜まった美術書を宅配買取で売りました。

絵画に興味を持ち始めてから購入した美術書は、芳賀徹の「絵画の領分」(朝日選書)、吉川逸治「近代美術の天才たち」(新潮社)高階秀爾「日本近代美術史論」(ちくま学芸文庫)とかでした。

ある意味、絵画を知ろうという入門的な書籍だと思います。とはいえ、レベルが低いというわけではなく、読みやすいけど、しっかりとした内容でした。
あとは、西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書)なども買いました。
絵画って、その人が描きたいという思いがあり、その衝動により描いているというのが絵画だと思っていましたけど、この本でそれだけではないことを知りました。今も継がれている歴史的な名画には、必ずと言っていいほどの歴史的な背景があるんですよね。
逆に、歴史的なバックグランド無くして、名画は生まれなかったのではって思ったほどでした。

ところで、ある程度溜まった美術書を買取してもらいました。

本の買取価格については、買い取って貰うお店により全然違います。本の状態だけを考慮して買取の値段を決定するお店もあれば、一冊一冊しっかりチェックして決定するお店もあります。

美術書など買取をしてもらう場合は、「査定手数料はいくらか?」とか宅配買取の方式を利用するなら、「送料は?」などをしっかりとチェックしてから買い取ってもらうようにするべきです。

美術書の買取を依頼する際、「業社から言われた金額が妥当であるのかないのか全く分からない」という方も少なくないでしょう。

そういう場合は、あらかじめいろいろな買取業者のサイトなどで、大まかな値段を確認しておくことが大切です。

ほかにも、例えば美術書を出張買取でお願いする際におろそかになりやすいのが、売りに出す品物のケアです。

経年劣化した中古本と言えども、最低限のお手入れをしていないものは、買取を遠慮されてしまうこともあるので注意しましょう。古書の買取に力を入れているお店というのは、販売も行なっていると考えていいでしょう。その品が比較的高いようなら、買取金額もアップしますので、そこに注意して業者を選択すれば失敗が減ります。「面識のない業者を自宅に招き入れることにためらいがある」という方はたくさんいると思いますが、宅配買取の場合は家の入口で荷物を運送屋さんに手渡すだけですから、気楽に利用できると言えます。

ときどき、利用しているので便利なのです。